【新潟県上越市エリア】注文住宅建築におすすめしたい人気の業者(工務店・ハウスメーカー・ビルダー)をランキング形式で紹介!

上越市に注文住宅を建てるのにかかる費用相場は?坪単価や建物代の目安

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/19

上越市で注文住宅を建てようと考えている人にとって、総費用がどれくらいになるのかは気になるところです。注文住宅の相場は坪単価でわかります。ひと坪数万円などと表記される不動産ならではの数値ですが、この坪単価は説明するのが厄介な概念なのです。そこで、ここでは注文住宅を建てるときに必要な坪単価の知識や上越市の相場を解説します。

そもそも坪単価とはなんなのか?

ハウスメーカーの看板やチラシを見ると、よく目にする坪単価という言葉。そもそも坪単価とは何を指しているのでしょうか。坪単価によってその住宅の建築費が高いか安いか判断する人は多いですが、実はこの坪単価という言葉には定義がありません。ハウスメーカーごと、工法ごとに坪単価を計算しているので、単純に比較することには注意してください。そこで、ここではハウスメーカーごとに違うという坪単価とはそもそもどう理解すればいいのか、見積もりを比較するときのコツなどを説明します。

まず、坪単価とは家を建てるときの建築費のことと考えてください。算出方法は住宅の価格を延床面積で割ったものになります。延床面積とは建物の床面積の合計のことです。2階建ての家なら、1階と2階の床面積を合計して計算します。

坪単価はこれが基本になりますが、ハウスメーカーによっては延床面積ではなく、施工床面積で計算する場合があります。延床面積は建築基準法により定義が決まっていますが、施工床面積は特に定義がないです。延床面積に使われた床面積に加えて、玄関ポーチやロフト、バルコニーや吹き抜けなど施工した面積をもとに算出されます。そのため一般的に延床面積と施工床面積を比べたときは施工床面積のほうが大きくなります。そのため、同じ家で比較すると坪単価がハウスメーカーごとに違いが出ることがあるわけです。

坪単価と建物の総費用を考えよう!

坪単価の考え方に関しては、大まかなところは分かったと思います。ただ説明しきれない部分もあったので、ここでは総費用の考え方と一緒に補足説明をしましょう。

まず、注文住宅を建てるときには水道の引き込みや排水工事、空調の設備費、ローンの手数料や税金など住宅の本体価格の他に別途かかる費用があります。こうした費用は坪当たりの価格に反映されているでしょうか。結論から言ってしまうと、別途工事費や諸経費は含まれないのが一般的です。そのため、住宅を購入するときは本体価格だけでなく、別途かかる費用のことを予算に組み込んでおかなければなりません。

坪当たり単価×延床面積+別途かかる費用という計算式で考え、2割から3割の予算増と見積もりしておくといいでしょう。  ここまで説明したように、坪単価はいろいろな要素により上下するため、単純に単価の違いで建設費用を比較するのは危険です。また、別途かかる費用なども考慮に入れておかなければなりません。

坪単価は同じハウスメーカーや工務店の商品を比較するときは参考になりますが、他社のプランと比較するときは簡単に比較できないことは注意してください。見積もりをとれば、それぞれの算出方法や内訳などが分かるため、いろいろな会社から見積もりをとってみるといいでしょう。坪単価はあくまでも目安と考え、見積もりから分かる内訳などから比較してください。

上越市で注文住宅の相場を調べる

上越市の土地代を調べるときの参考になるのが地価です。地価とはその名の通り土地の価格のことで、ランキングや年ごとの変動値を調べられます。この地価を参考にしながら相場を解説します。

結論から言えば上越市の平均地価は1平方メートルあたり約2万円です。全国の市町村のなかで900番台に位置しており、2019年から約2%下落しています。

エリアごとにもっと細かく見ていきましょう。  もっとも高い価格を付けているのは高田です。ここは、高田駅があり交通の利便性が高いことから価格は高くなっているようです。地価は2倍の4万円を付けています。坪単価にすれば12万円から13万円ほどになるでしょう。春日山城跡のある春日山に関しても、1平方メートルあたり3万8,000円前後を付けています。この他に人気のエリアは直江津駅のある直江津、南高田駅のある南高田などです。  地価が分かったら、土地代は自ずと引き出されるでしょう。

土地の購入には土地の代金の他に仲介手数料や登記手数料、印紙代などがかかります。次に建築費がかかります。本体工事費ともいい、注文住宅の場合は総費用の7割から8割を占めるところです。さらに、別途工事費がかかることもあるので注意してください。そして工事費の他にかかる費用の諸経費がかかり、主な費用の例は住宅ローンの手数料や火災保険料、家具家電、引っ越し費用などです。

 

坪単価は説明するのが難しい不動産用語で、ハウスメーカーごとに比較するのも難しいですが、正しい知識を持っていると適切に比較することができ、それは相場を知ることにもつながります。ここで紹介した上越市の相場を参考にして、注文住宅を選んでみましょう。

【上越市】おすすめの注文住宅会社

商品画像1
2
3
4
5
商品名クーディーホーム(株式会社アスカ創建)積水ハウスミサワホーム(ミサワホーム北越)一条工務店アルスホーム
特徴デザイン性が地元でも高評価快適性と防犯性の高い住まいを提供制震装置「MGEO」で地震に強い家を実現モデルハウスレベルが標準仕様無駄な動きのない効率よく連続した動線設計を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧