【新潟県上越市エリア】注文住宅建築におすすめしたい人気の業者(工務店・ハウスメーカー・ビルダー)をランキング形式で紹介!

アルスホームの画像1

おすすめポイントアートとテクノロジーを融合した住まいづくりを提供
会社名 アルスホーム株式会社
本社所在地 〒939-2708 富山県富山市婦中町島本郷1番地1 (富山イノベーションパーク内)
代表取締役 代表取締役 会長 原野省三
代表取締役 社長 山海満也”
設立年月日 1985年5月1日
資本金 8,000万円

上越市にて、オフィスと展示場を構えるアルスホームは、住宅に普遍的な美しさを外観デザインと、内と外が一体化した、拡がりのある空間デザインを取り入れることを重視した注文住宅業者です。

日本の美意識に基づく、シンプルなインテリアデザインを提供しているため、きっと心をつかむデザインの住まいに出会えるでしょう。

ここでは、そのデザインにこだわるアルスホームについて、紹介させていただきます。

アルスホームの画像

アルスホーム

アートとテクノロジーを融合した住まいづくりを提供

公式サイトで詳細を見る

芸術と技術が織りなす住まいづくり

アルスホームの画像

芸術という言葉は、明治時代にartの語訳として誕生しました。artの語源は、そもそもラテン語のarsにつながり、そのarsも本来は、技・技術という意味があります。

要するにarsとは、芸術と技術が融合した概念という見方ができるでしょう。そのためアルスホームは、住まいづくりにおいて、芸術・技術、無形・有形、ソフト・ハードの両面から捉えており、購入者の方に、優れた暮らしを提供することを大事にしています

企業ミッション

住まいは舞台装置で、ドラマの主役はそこへ住む人だとすると、演技をしたくなるような刺激的な空間を創り上げることが、自分たちの役割であることをアルスホームでは考えています。

人によって演じる人生のドラマには個性があるので、それぞれの人に、それぞれの生きていく意味を語りかける、深みを持たせた住まいの提案を使命とし、「創時間・創空間」をモットーとしています。

理想の自画像

住まいは、住人の人格形成に深く関わり、さらにその地域や街並みとして、住環境にも影響するでしょう。住まいづくりは、長きにわたって社会に影響を与える仕事です。

ひとりひとりが住文化のクリエイターとなり、住まいとは何か、そして美しい住まいとしてどうあるべきなのかについて、建築家たちが徹底議論と探求をする「企業建築家集団」であることを理想としています。

設計思想

ドイツの建築家ミースは、「より少ないことは、より豊かなこと」という言葉を残しています。いたずらな装飾をしないことで、そのものの本質が見えてきて、より豊かな表現へ昇華できるでしょう。

簡素なライフスタイルや考え、行動など、それは何にも増して大きな説得力があり、感動を与えることができると、アルスホームでは訴えかけています。

アルスホームの画像

アルスホーム

アートとテクノロジーを融合した住まいづくりを提供

公式サイトで詳細を見る

美しさと強さが共存する住まいづくりのこだわり

アルスホームの画像

住宅には、デザインや耐震、性能といった、さまざまな要素が求められるでしょう。ですが、デザインは流行がともなうもので、性能だけを重視した家は壁や柱が多いため、生活環境の変化に沿えないことがあります。

アルスホームでは、末永く使い続けることができる住まいのために、美しさと強さをバランスよく、そして高いレベルで実現することを重要視しています。

美しさ

人は美しいと思うものを大切にしますが、その土地に長く佇んでいる住宅は、地域の気候風土や歴史・文化の影響を受けつつ、年月を経て育まれる普遍的な美しさが、重要な要素を担っているでしょう。そしてアルスホームでは、外観デザインにおいて、普遍的な美しさを大切にしています

庭や周囲の風景を介し、四季の変化を楽しんで、自然と調和し豊かに生活する。このような日本ならではの文化を受け継ぐ空間デザインは、日本人であれば心地よく感じられることでしょう。そのためアルスホームでは、一体化した拡がりのある空間デザインを、住まいに取り入れています。簡素な美しさを追求したインテリアデザインもまた、時を経て、さらなる美しさを増すことでしょう。

そして、美しい空間を、無理のない範囲で維持できる収納設計では、デザインと同等以上に、家族の行動パターンに即した収納設計を計算しています。

強さ

アルスホームの住まいは、内と外を大開口サッシで一体化させ、拡がりを生む空間提案をベースとし、長期的に住める耐久性を持つ性能を、基本仕様として提供しています。

そのひとつとして、繰り返しの余震にも強い高耐震構造を取り入れているのが、大きな特徴でしょう。たとえば、軸組と床・壁パネルを組み合わせた「プレウォール」は、「モノコック構造」という耐力壁をバランスよく配しています。

また、大地震が起こっても済み続けられるよう、地震の揺れを抑制する構造として、「プレウォールTX」も設置しています。これにより地震による揺れの、およそ50%が軽減されるため、大地震が起こったとしても、軽微な補修のみで済むでしょう。

住まいづくりはどのように進むか?

アルスホームの画像

アルスホームでは、一般的な注文住宅業者とは違ったアプローチを行っています。ひとりひとりが建築家として、創造性に富んだ発想や感性を大切にしつつ、施主の方と対話を重ね、さらに複数のスタッフが検証を繰り返しているため、独創的で安定した品質の住まいの提案をしてもらえるでしょう。

そんな対話を重ねるオーダーメイドの住まいづくりを、アルスホームは心がけています。

オーダーメイドで重視される対話

まず、敷地の個性を、複数の視点で捉えるところからスタートします。大きさや形、周辺環境、都市開発など、それらを複数の設計士の検証のもと、最適な敷地活用の提案が行われるでしょう。

そして、現状の要望や趣味趣向だけに留まらず、ライフスタイルや本質的な価値観、将来像などを共有し、施主の方にとってかけがえのない暮らしについて、共に考えていきます。

まずは「注文住宅見学会」に行ってみよう!

アルスホームは、モデルハウスの完成見学会をたびたび開催しています。モデルハウスには、テーマが設けられ、たとえば「四季を愉しむ軒下テラスのある家」では、外と世界がつながった感覚を体感できる、LDKを見学できます。

また、現場施工見学会も行っており、この見学会では、完成してしまうと見えなくなってしまう建物の構造部分や下地などをチェックできるでしょう。

なお、公式サイトでは、資料請求フォームにて、総合カタログの送付の手続きを承っているので、興味のある方は請求手続きしてみるといいでしょう。

アルスホームの画像

アルスホーム

アートとテクノロジーを融合した住まいづくりを提供

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

【上越市】おすすめの注文住宅会社

商品画像1
2
3
4
5
商品名クーディーホーム(株式会社アスカ創建)積水ハウスミサワホーム(ミサワホーム北越)一条工務店アルスホーム
特徴デザイン性が地元でも高評価快適性と防犯性の高い住まいを提供制震装置「MGEO」で地震に強い家を実現モデルハウスレベルが標準仕様無駄な動きのない効率よく連続した動線設計を提案
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく